COMPANY COFCOジャパン株式会社
COMPANY COFCOジャパン株式会社

COMPANY

COFCOジャパン株式会社(旧社名:豊中貿易株式会社)は1987年3月に日本東京に設立。30年余の安定した業績を歩んできます。会社の創立当初は親会社である中国中糧集団の食糧、食品などの輸出の利点を活用し、販売最前線の優位性をフルに発揮して日本の各友好商社との安定した貿易関係を構築し、中国産の大豆、トウモロコシ、米、食品原料、酒などの商品を日本に輸入・販売し、会社の経営規模も拡大しつつあり、中国の農産物や食品の日中貿易の主要ルートと窓口としての役割を果たしながら良好な業歴を積んできました。

中国の対外貿易体制の発展と変化に伴って中日両国間の貿易範囲が拡大し取引チャンネルは膨らんでおります。新たな発展要求の下、会社は現地での経営方針を探求し経営モデルを改革して、独自の経営経験と人材によって食品加工品の自営輸入と食品原料の自営輸入業務を発展させてきました。

近年、中国の消費のアップグレードに伴って中国の輸入食品市場は急激に拡大しています。新たなビジネスチャンスを捉えるため、中国中糧集団の輸入食品戦略により、中糧Womai.comのアジア太平洋地域に於ける仕入プラットフォームであるCOFCOジャパン株式会社は、販売に適した食品を積極的に取り入れるため中国、韓国、台湾、ベトナム、マレーシア、タイ、オーストラリアなどを網羅する国際的なサプライチェーンを構築しました。仕入商品はスナック菓子、調味料、米・麺製品、酒、飲料、ミネラルウォーター、ジュース、コーヒー、海産物、生鮮果物など多くの種類が含まれています。COFCOジャパン株式会社の経営規模はさらに拡大しアジア太平洋地域の食品輸入のプロとしての地位を確立しています。

30年余りの歩みを通じてCOFCOジャパン株式会社は穀物・油脂原料の貿易、食品原料及び食品加工品の卸売り、中国向け輸入食品の海外サプライチェーンの開発及び貿易サービスの幾つもの発展段階を経て、現在は食品開発及び輸出入、穀物・油脂原料と製品の輸出入と多国間貿易、食品原料の輸出入及び卸売、畜産加工品輸出入及び卸売の四つの主要なビジネスを確立しました。今後も、COFCOジャパン株式会社は、マーケットの変化に順応し絶えず新しいイノベーションを求め、中国と海外の食品マーケットを繋ぎ、中国の輸入食品市場をリードするよう努めて行きます。

会社概要

  • 会社名
    COFCOジャパン株式会社
  • 会社設立
    1987年3月11日
  • 所在地
    〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-7-6 晴花ビル8F
  • 電話番号
    (+81)-3-3668-7741
  • FAX
    (+81)-3-3668-7745
  • 資本金
    1億円
  • 代表取締役社長
    周 新基
  • 株主
    中糧輸入食品(香港)有限公司
  • 主要取引銀行
    三井住友銀行日本橋東支店、三菱UFJ銀行虎ノ門支店、商工組合中央金庫東京支店、中國銀行東京支店、中國工商銀行東京支店、交通銀行東京支店

組織構成

  • 中糧集団有限公司
  • 中糧我買網
    Womai.com
  • 取締役会
  • 監査役
  • 代表取締役社長
    • 財務企画部
    • 畜産部
    • 食品部
    • 商品開発一部
    • 商品開発二部
    • 貿易部

アクセス

COFCOジャパン株式会社

〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-7-6 晴花ビル8F

TEL (+81)-3-3668-7741

totop